テープ起こしとは

現在在宅ワークや副業として人気のあるテープ起こしという職業。テープ起こしはもともと速記という仕事でした。クライアントから送られてくる音声データをもとに、その内容を聞き取りながら文字にする仕事です。

雑誌のインタビューなどの、実際の対談は音声を録音して行ないます。その録音を起こすことで、ライターが記事として仕上げたりします。元のデータには無駄な音声や言葉が混じっていることが多いのが特徴です。それをある程度整理しながら、正しく理解できるように文字にします。インタビューなどのテープ起こしの他にも、講演会や会議など様々な音声を起こすのが、テープ起こしの仕事です。

テープ起こしはパソコンで入力するのが一般的です。言葉を聞き取る理解力も必要ですが、素早く入力を行なうスキルも必要となってきます。中には音声データの録音に雑音が混じっていたり、専門分野の対談や聞き取った言葉の漢字変換が難しかったりする場合もあります。そういった場合は自ら手探りで調べていくことが必要ですが、ある程度の予備知識は頭に入れておいたほうがいいでしょう。

現在は録音機能が充実した機器も販売されているため、殆どの音声はレコーダーで録音されています。音声データはパソコンに取り込むことで実際に聞きながら作業が出来る利点があります。しかし中にはカセットテープで音声を録音している場合があります。その場合は音声をパソコンへ取り込んで音声ファイルに変換するといいでしょう。

当サイトではテープ起こしに必要なスキルやテープ起こしの仕事内容、またテープ起こしのメリットやデメリットなどを分かり易くご紹介致します。